ブロンズブロンド、デビューから3連勝で小倉2歳S制覇!


ブロンズブロンド
(牡3:父マリオンソウル 母オーロラヲミアゲテ)

(馬主:ヒフミン)
 
うまいる史31世代目の頂点に君臨している無敗のダービー馬ヴィクトリーターフとダートG12連勝中のタイラントマックス。
JDDでタイラントマックスが圧勝劇を見せたその日に彼等に続け!とデビューした32世代目の若駒達の熱い戦いが始まった。

3戦2勝、2連勝で函館の頂点に立ったイヌシマオルゴールを横目に小倉での頂点を目指し12頭が火花を散らす。
1番人気は初戦で鋭い差し脚を見せたラブラブリースター、初戦で消耗戦の中をしぶとく抜け出したファルムスブライト
2戦2連勝でラベンダー賞を制したブロンズブロンドがこれに続いた。2歳小倉の頂点に立つのはどの馬だろうか?

ラベンダー賞3着馬クレオバサラが外から先手を奪い、これを見るようにレッドカーペット、ペドロレセルブルが続く。
大勢は早々と決まり先団と中団がはっきりと分かれる中、クレオバサラが軽快にマイペースを保ちレースは進む。
第4コーナーを迎えても大勢はそのまま・・・1200m戦らしからぬスローペースの息が入る展開の中、直線へ向かう。
逃げるクレオバサラが懸命に粘りこみを図り、ジワジワと前との差を詰めるミタゾノカサギ、その後ろから
ブロンズブロンド、クロックスらが前を追う。残り200mを切ったところでブロンズブロンドが先頭!内からクロックス
外からラブラブリースターが伸びてくるが最後は脚色が同じになり、ブロンズブロンドが3連勝で小倉の頂点に立った。

勝ったブロンズブロンドは、父が安田記念2着など重賞3勝しているマリオンソウル、母がオーロラヲミアゲテ(その父
シロキオオカミ)という血統。注目すべきは父方Luthier系、母方Habitat系という血統構成である。Halo系が主流の今の
時代において、祖がダイタクヘリオス、ヤマニンゼファーという個性派の父内国産2頭であることは称賛に値するだろう。
そしてそれを支える柱になっていると思われるのが、天皇賞春3勝馬クロニクルズの3×4奇跡の血量クロスの存在である。
奥手だったクロニクルズのクロス馬でデビューから3連勝、小倉の雄となったところが競馬の面白さでもある。
 クロニクルズ〜シルバーソウル〜マリオンソウルから継承した芦毛の毛色、それは1990年暮れの有馬での大歓声を思い出す。
80年代に地方所属から中央に転厩、芦毛の怪物と言われたオグリキャップを彷彿させるような走りを期待したい1頭だ。

 
このホームページでは一部「うまいる um@il」の画像素材を使用しています。
またこれらの素材を他へ転載することを禁じます。
 
inserted by FC2 system